声枯れ

声枯れというのがあります。声がかすれて人によっては普通にしゃべるにも声がれがひどなり声がかすれてしまうそうです。
歌を歌うシンガーとか声優のように声を使う人にとっては死活問題です。
聴いた話によると、のどは消耗品らしいです。声を出すための喉が疲労してしまうと声がかすれて声枯れという症状になってしまうということです。

声が出なくなったら専門的に声を使う仕事をしていなくても大変ですものね。心の声は誰に届くわけでもないですし、日ごろから気をつけていないとダメだそうです。

声枯れの症状かもと思ったら、早めの治療が大事で、ほおっておいてもボーカリストのハスキーボイスみたいにはならないようですから、
ゆっくり声をださないように休ませてあげるのが一番いいようです。負担をかけずに休ませてあげれば人間の体は治癒能力があるので、軽いうちは自然に治るみたい。

風邪をひいたときや、大声で歌いすぎたときに喉が痛いとか、声がかれたときはいたわってあげたいですね。

無理にカラオケにいって高い声をだすのはよくないことらしく(ボイストレーニングでいってました)たばこもお酒もいいとはいえないようです。

煙草の喫煙が多い方もそれが原因で声枯れを起こしやすくなります。

声枯れにはあめでもなめればいいのかなあと思いきや、そんなに効果はないそうで、のど自体に水分がないときにいくらのど飴をなめてもだめみたいです。たくさん水分を取って、喉を使わないほうが声枯れへの効果はあるということです。

一度で声枯れになってしまうと、薬をつかって長い時間をかけて治療するか、とっとと手術で治してしまう方法の2つがあるのですが、はなからならないようにしたいですね。

重い症状のときは声帯結節とか声帯ポリープなども考えられ、一度これらになると再発しやすくなってしまいます。

泣きたくなるはなしですから、気をつけたいですね。
つい、のどというと特別に考えてしまいますが、喉も体の一部なので声枯れで喉が炎症を起こしたら、手が腫れた、目の上が炎症をおこしているというようなときと同じようにすぐさま対処してあげないとダメですね。外からみえないからってほったらかしにしないように心がけたいものです。
声HOMEへ